販売店でも人気のまつげ美容液エマーキット、使用上の注意点は?

まつげが短い自分がやっているメイクの工夫

 

まつげが短くて一番悩むことはメイクが栄えないことです。

 

写真に写った自分をみるとメイクをしていたはずなのにスッピンに見えてしまうのです。そしてまつげ自体が短いのでつけまつげがなかなか乗りません。自分のまつげとつけまつげがなじまないので嘘っぽく見えてしまいます。マスカラも乗せるまつげが少ないので、すぐダマになってしまって目元につき、パンダ目になってしまうのも悩みです。

 

アイライナーで工夫

 

アイライナーを工夫しています。特に黒目から目尻の部分を少し長めにアイラインを引くのがポイントです。

 

マスカラをしてもまつげが長く伸びないので、アイライナーでまぶたの奥行きを出す事によって目の印象を強くしています。つけまつげやマスカラに頼れないのと、アイライナーの方が手間がかからないというのが良いと思います。

 

 

ちょっとおしゃれしたい場面ではつけまつげを利用したりしますが、筆のタイプで伸びの良いアイライナーがあれば、すっぴんに見えてしまうような乏しいまつげの私でもメイクのやりがいがあるんだと思えるようになりました。

 

無理は禁物!

 

まつげが短くて悩んでいる人は多いと思います。私がいろいろ試してみて思ったのは、短いまつげを無理に太く長くしようとしてまつげに負担をかけるのはかえって逆効果という事です。

 

まつげにマスカラを塗ったりつけまつげの接着剤を塗ったりさらにはアイラインを引くと、自分のまつげに大きな負担がかかります。沢山マスカラを塗ったりつけまつげをつけると、メイクを落とす時にもなかなか落ちないのでこすったりする事になり、まつげがだんだん弱々しくなっていっていたように思います。

 

最近はあまりまつげ自体に負担をかけるような事は極力控えるようになりました。まつげを濃く長く見せるメイクができないと悩むこともありますが、無理矢理まつげを痛めるような方法ではなくできる事をしようと思います。