販売店でも人気のまつげ美容液エマーキット、使用上の注意点は?

えっ、まつげに枝毛が!そんな時の対策方法はこちら

 

普段ヘアケアやスキンケアに気を使っている人も、まつ毛は意外と見落としがちです。
まつ毛も体毛の一種ですし、毎日のマスカラやマツエク、まつ毛パーマでダメージも蓄積されていきます。

 

まつ毛が枝毛になったら?

 

多くの人がまつ毛に枝毛ができるとはあまり思わないようですが、髪に枝毛や切れ毛ができるように、まつ毛にも切れ毛や枝毛はできます。

 

ある日突然まつ毛が枝毛になっているのを発見するのは、想像もしないためショックも大きくなります。マツエクやまつ毛パーマをしていない人でも、毎日のビューラーやマスカラはまつ毛に負担をかけているので、まつ毛もケアをしてあげてください。

 

まつ毛に枝毛が見つかっても、すぐに対処すればダメージを修復できます。髪と同じように枝毛になると元通りにはなりませんが、それ以上ダメージを増やさないようカバーはできます。

 

まつ毛も体毛の一種ですから、髪と同じように成長期、退行期、休止期があります。すぐに改善が見られなくても、根気よくケアを続けていきます。個人差もありますが、大体1ヶ月から2ヶ月ケアを続けると、少しずつ効果を実感できるようになります。ハリとコシのあるまつ毛は、見た目にも状態が違うとわかります。

 

まつ毛に枝毛が見つかった場合は、できるだけ負担をかけないように配慮も必要です。ビューラーやマスカラが原因の場合は、それを改善しない限りまつ毛へのダメージや負担も増えて行き、気づいたらまつ毛がスカスカでボロボロになってしまうかもしれません。

 

平日は仕事などでメイクをするのも仕方ありませんが、お湯でも落ちるようなまつ毛に負担をかけないマスカラを選び、休日はアイメイクをしないで過ごすなど工夫も取り入れてください。

 

まとめ

 

まつ毛のヘアサイクルに合わせると長い時間がかかりますが、根気よくケアを続けていけば、枝毛や切れ毛も解消され、丈夫なまつ毛になります。

 

枝毛になっているというのは、ダメージが大きい状態という事を理解してください。